2020年6月

  • 2020.06.17

【New Release】 Smartsens Global Shutter camera module, SE132GS

中国の新興のイメージセンサーメーカー: SmartSens Technology Co., Ltd. 製の1.3Mpix Global Shutter image sensor=SC132GSを搭載した小型レンズモジュールを開発しました。 http://www.smartsenstech.com/siteweien/enproduct.html Raspiでの画出しができましたので、やっとリリースの報告ができます。 (写真右)SE132GSFF-00/01 FoV(D)=76° (写真左)SE132GSFE-00/01 魚眼レンズモジュールFoV=160° 裏面照射型、2.7um画素で赤外領域の感度が大幅に改善されています。速度も120fpsと十分な高速性能を有しています。少量ですが評価サンプルを販売します。詳細はお問い合わせください。

  • 2020.06.08

【新製品】【New Release】立体ムービー向けレンズモジュールSE219FE160サンプル到着

広角立体映像の制作や 近距離でのメーター読み取りを意図した新型魚眼カメラを開発しました。SE219FEがFoV=187度でモジュール2個で全天周撮影できるのに対し、上下が少し削られ、左右は160度というFoVのレンズモジュールなのですが、十分な広角画像を撮影できます。(解像度が落ちて画像としては難ありですが180度近くまで写っているようです。)F=2.0と明るいのも良いです。もちろん、複数のセンサーを同期させるためのXVS信号入出力ポートを追加しています。スタンダード画角(FoV(D)=76度)のXVS付きモジュールも同時に試作しました。 どちらもすぐに製品化いたします。 tinker board, Raspi3で動作確認済み、SE-SB02基板と組み合わせてMIPI 4lane×2のtinker edge Rで立体画像撮影をしてみたいと思います。

  • 2020.06.05

ToF camera Dolphin & Hawk

Sampleが到着しました。USB接続タイプで簡単に評価、システムへの組み込みが可能です。左がロングレンジ用のHawk、右が近距離用のDolphinです。どちらも距離演算、AE制御等を実行するISPが搭載されております。お問い合わせはinfo@soho-enterprise.comまで。

  • 2020.06.05

CA378-AOISをtinker edge Rの4レーンモードで使用する。

ソニー製の12Mpixeセンサーを使ったCA378-AOIS(センチュリーアークス社製)をtinker edge Rで4レーンモードで接続するための基板を試作しました。SE-SB02基板と重ねて使用します。Core電源が1.05VとIMX219と共通ではないので、専用電源を変換基板側に乗せてGPIOから3.3Vを供給しています。また、tinker boardではOISまで動かすと電源容量が足りなくなるのでそちらも外部電源から取れるようにしています。無事にtinker boardでの画出し確認はできました。4レーンであれば4K 30fpsが実現できます(Codec未対応)。今後、高速高解像高画質度動画取得が必要なアプリに適用していきます。

  • 2020.06.01

OPNOUS ToF camera with OPN6001 ISP on tinker board

OPNM8508Cモジュールを制御し、距離情報とIRイメージを同時に出力することができるISP:OPN6001を通してASUS Tinker Boardに接続して距離センシングアプリケーションを簡単に実装できるOPNOUS社カメラ製品のデモが可能になりました。 QVGA=320×240画素の距離情報を 1%/rangeの精度で 高速で取得できます。