CATEGORY News

  • 2019.09.06

SE-SB02 Carrier Board sample arrival

新キャリア基板:SE-SB02のサンプルが到着、一発画出し成功しました。 特長1:1ミリピッチ15ピンFFCを0.5ミリピッチ22ピンFFCに変更し薄型化。SE219FEを背中合わせに配置して薄型全天周カメラを実現できます。 特長2:もちろん4レーン対応、tinker Edge Rのビジョン向け性能をフルに生かすことができます。 特長3:VCMドライバ用LDOを搭載、フォーカス調整可能なSE219AF, SE219AFWを無改造で使えます。 特長4:ジャイロモジュールと組み合わせやすいように電源端子、I2C端子、フレーム同期信号端子を設置

  • 2019.09.03

SE219AF-00-CB サンプル販売開始

モジュール内にVCM Focus Driver内蔵のIMX219AF-00-CBのサンプル販売を開始いたしました。Focus調整用サンプルSWはVision Processing Communityより配布予定です。tinker boardと組み合わせてよりシャープな画像の撮影が可能です。RaspberryPiの場合はSSPライブラリでの画出しになります。(詳しくはVision Processing Communityをご覧ください。)

  • 2019.07.08

SE219FE-00/01出荷開始

Finally Start Shipping! 初回ロットはトータル1Kpcsで既に400個を出荷済み。在庫に限りがあります。ご注文(銀行振り込みにて承ります。)、Maker Faire Tokyoでの販売のご予約はお早めに。いずれもメールでお知らせください。 tetsuya.nomura@soho-enterprise.com

  • 2019.06.27

Tweet by StereoPi

Stereo pi introduces SE219FE camera board in his twitter. Compute Moduleでは純正Raspiカメラでなくてもraspistill/raspividが使えるようです。同期信号入力のあるSE219FEですのでStereoPi様に興味を持っていただきました。