2020年8月

  • 2020.08.31
  • 2020.08.31
  •  

Raspi libcamera(qcam) for IMX378

SE-CVB378基板+SE-SB02基板でのRaspberryPi 4での画出し実験です。qcamでIMX378を動かせるように変更しました。Raspi4でのISPを通した画出しが可能です。IMX378モジュールはセンチュリーアークス社のCA378-AOISを使用しました。センチュリーアークス社純正基板でももちろん画出しが可能ですがこの基板は4lane対応しています。シェーディング補正が合っていないので周辺減光が顕著です。tinker boardではこのモジュールに合わせた画質調整を行っています。 若干数ではございますが、SE-CVB378はサンプル販売可能です。お問い合わせください。

  • 2020.08.04
  • 2020.09.04
  •  

libcamera(qcam)での動作確認

RaspberryPiでのカメラDriver、またISPでの画質チューニングなど、情報開示が進みraspi純正のカメラでなくてもHW ISPで画像処理可能なlibcameraという汎用のカメラアプリが開発されています。弊社のカメラ基板でも動作するはずということでWEBの記事を参考にインストールして動作することを確認しました。イメージセンサー恐らく30fpsの1/2binningモードで30fpsで動いているものと思われます。Raspi4では画像処理、表示ともに30fpsで処理できているようですが、同じSDカードをRaspi3で動作させると表示は5fpsぐらいに下がってしまうことが分かりました。 ISPがリアルタイム処理ができることは明白なので Interface誌への寄稿記事のとおり、メモリーバスの速度によるパフォーマンス差が大きく出ていることが分かります。これによりIMX219に関してはOpenCV等で組んだ画像処理プログラムに 所望の画像フォーマットで 入力できる環境の準備が整いました。今後は画角、フレームレートなどを変更できるように整備をしていきたいと思います。