2/2ページ

2/2ページ
  • 2019.07.08

SE219FE-00/01出荷開始

Finally Start Shipping! 初回ロットはトータル1Kpcsで既に400個を出荷済み。在庫に限りがあります。ご注文(銀行振り込みにて承ります。)、Maker Faire Tokyoでの販売のご予約はお早めに。いずれもメールでお知らせください。 tetsuya.nomura@soho-enterprise.com

  • 2019.06.27

Tweet by StereoPi

Stereo pi introduces SE219FE camera board in his twitter. Compute Moduleでは純正Raspiカメラでなくてもraspistill/raspividが使えるようです。同期信号入力のあるSE219FEですのでStereoPi様に興味を持っていただきました。

  • 2019.06.05

Maker Faire Tokyo 2019

当日配布のパンフレット(PDF)はこちら 会場での販売では各種クレジットカード取扱可能です。SE219FEの他、発売予定の各種製品のサンプル販売もいたします。 We will show the demo of our camera module and vision processing application on SBCs at the Maker Faire Tokyo 2019. We’ll sell the SE219FE-00/01-CB and the modified RaspberryPi camera with SE219FE there. Also you can buy the samples of other SE camera board series products. カメラ基板・カメラモジュール 以下のカメラ基板及びカメラモジュールを展示販売いたします。 Raspberry Pi向け製品 Raspberry Pi向け魚眼180度カメラ基板 Raspberry Pi向けカメラ基板 Tinker Board向け製品 Tinker Board向け魚眼180度カメラ基板 Tinker Board向けカメラ基板 カメラモジュール 魚眼180度カメラモジュール 薄型180度カメラ 薄型魚眼カメラとRaspberry Pi Zeroを用いた薄型カメラのサンプル展示をします。超薄型カメラを用いることで、カメラ本体も非常に薄くすることができます。 VR180・VR360カメラ 薄型魚眼カメラとRaspberry Pi Compute Module+Stereo Piを用いたVR180及びVR360カメラのご提案です。VR向けの動画撮影カメラ環境をRaspberry Piで構築できます。 見守り・監視用カメラ 魚眼カメラを天井設置することで、1台のカメラで室内全てを見守り・監視することができます。今回は、1台のカメラで会場内の広い範囲を撮影できるデモを展示いたします。 広角距離センシングモジュール 魚眼カメラを用いた、Raspberry Piにつながる広角な距離センシングモジュールを参考展示します。このモジュールを用いれば、他の距離センシングカメラ比べてかなり広い画角で撮れるため、 自律ロボットの障害物検知などでより広範囲の障害物をいち早く検知することが可能になります。また、構造が非常に単純なため、低コストで距離センシングを実現できます。 自律走行レースカー(Coyote Racer) 魚眼カメラの広い画角は、自律ロボットのセンシングにも最適です。今回、自律走行レースカーを作っているCoyote#009と協力し、自律走行するレースカー「Coyote Racer」を展示いたします。

  • 2019.05.09

SE219FE-00/01-CB 発売決定

FoV=187°の魚眼カメラモジュールをRaspi Camera V2.1と同じ投影サイズで高さ5.56mmで実現いたしました。SBCと接続するための基板、FFCとセットで販売いたします。tinker board、Raspi3での動作確認済みです。2019年5月末より出荷開始いたします。 SE219FE-00-CB:IRカットフィルタ有(w/ IRCF)、SE219FE-01-CB:IRカットフィルタ無(w/o IRCF) 1台購入の場合の価格:5,500円+消費税+送料 複数台ご購入の場合はお問い合わせください。 問い合わせ先:tetsuya.nomura@soho-enterprise.com